【パチスロで稼ぐ方法】パチンコやパチスロは稼げる副業です。

稼げる副業
パチスロは、稼げる副業です!

「あなたは、パチスロで年間で負けていますか?それとも、勝っていますか?」
年間で負けてる人や運で勝ってる人には、ちょっと読んで欲しい内容となっています。ただ読むだけでは無く、少しの期間でいいので実践してほしい。

実践してほしい内容は

  • パチスロの天井狙い

だけです。
別名でハイエナとかも言われていますが、パチスロで一番簡単に稼げる方法です。

知ってる人も多く、時間効率も悪くなってるって言いますが、年間で負けるよりはいいと思います。
後、そんなガチで勝ちにいくのではなく、楽しみたいって人でも、ちょっと意識するだけで勝ちやすくなります。

 

パチスロの「天井狙い」とは?

パチスロには、天井って機能があります。天井とは「そこまでの回転数当たらなかったら、ボーナス」みたいな機能です。
※ボーナスとは限りません。

機種ごとにも天井回転数は違いますが、「天井まで回して、ボーナスを当てる」のが天井狙いとなります。
では、詳しく解説していきます。

なんで、天井狙いで稼げるのか?

超簡単に説明します。なので、他の機種に置き換えた場合などの計算式は気にしなくていいです。
基本的な稼げる原理はどの機種だろうと同じとなっています。

例  -機種名ABCD-

  • 天井数…500回転
  • ビッグボーナス…200枚
  • レギュラーボーナス…100枚
  • ビッグとレギュラーの割合…1:1
  • 50枚当たりの回転数…25回転

※ボーナス確率とかは計算が面倒なので無し。

上記のような機種があるとします。
0回転から天井500回転まで回した場合では、1000枚かかる計算となります。
(500回転÷25回転×50枚)

もし、ビッグボーナスでも800枚のマイナスとなります。これでは勝てるわけがありません。
※本当はビッグボーナスの確率とかもありますが、説明が面倒なので無し。

 

この台で絶対に勝てる方法があります。それは「499回転から打てばいい」だけです。
499回転から打ち始めれば、使う枚数は3枚でとなり、レギュラーボーナスを引いても勝つことが出来ます。これが天井狙いで勝てる原理となりますので、覚えときましょう。

「そんないい話は無い!」って思ってる人が多いでしょうが、私も含めて多くの人が天井狙いで稼いでるのが現状です。実践してみれば分かりますし、意外と天井狙いできる台はあります。
機種ごとの天井狙い目回転数はコチラを参考にしてみましょう。

>>機種別の天井数と狙い目の回転数一覧

今回の例の台の天井狙い目回転数の計算方法

手に入る枚数は、200枚か100枚でどちらが選択されるのかは、半々となっていますので、獲得期待枚数は150枚となります。
(200枚+100枚÷2=150枚)

150枚で回せる回転数は、75回転となりますので、425回転から打てば負けることは無いです。
(天井500回転-75回転=425回転)
「レギュラーボーナスで100枚しか手に入らなかったら負けじゃん」って思った人もいると思いますが、確率の問題となりますので、繰り返していけばプラスマイナスゼロになります。
数百~数千と回数をこなしていけば、いいのです。小学校の時に習ったサイコロの確率と同じ原理となります。

この題で勝つなら、450回転から打ちましょう。1回あたり450回転の台を打つたびにプラス50枚になってる計算です。
450回転の台を10回打てば、500枚プラスです。100回なら5000枚、1000回なら50000枚となります。

これは、50万円以上稼ぐことが出来るのも同じことです。天井狙いで100台とか1000台以上打てば稼いでるでしょう。

天井狙いで稼げない人の多くは「ヤメ時」をミスってる

たまに「天井狙い目で打ってるけど、稼げない」って人がいますが、ただヤメ時をミスってる人が多いです。例えばヤメ時が「ボーナス後即やめ」だったら、なぜか100回転回してるとかです。
1万枚でてようが、「ボーナス後即やめ」って書いてあったら、回さずにやめましょう。

少しの枚数だと思ってる人が多いですが、9枚余分に回して1000台繰り返したら9000枚と大きな数字になります。天井狙いで稼ぐには少ない枚数も気にしましょう。
まぁちょっと回す人は100枚くらい平気で使ってると思いますが…。

ヤメ時以外の稼げない原因は、

  • 天井狙いの回転数が間違ってる
  • 試行回数が少ない
  • 荒れやすい機種(ゴット系)

こんなくらいかな?「天井狙いの回転数が間違ってる」は無いと思いますが、再確認が必要ですね。
「試行回数が少ない」ってのは、数回天井狙いで打っただけでは、なんとも言えません。100回以上は天井狙いで打ちましょう。
「荒れやすい機種」ってのは、天井狙いでも敬遠されがちな機種となっています。出るときは出るし、出ないときは出ない機種ですね。獲得期待枚数の最高枚数と最低枚数の差が大きな機種です。
有名なのが、ゴット系です。万枚出る時もあれば、100枚いかないことも多いって感じのやつですねー。

私は荒れる機種をメインに打っています。多少のマイナスは仕方ありません!

天井狙いで稼げたら、設定狙いもアリ!

天井狙いは、理解して実践してもらえれば稼ぐことは簡単に可能です。もうなにも考えなくても、稼ぐことができるでしょう。
ただ、天井狙いの回転数を知ってればいいだけなのですから。

しかし、それだけではつまらないって人には、設定狙いがおすすめです。ただし、天井狙いで稼げていない人が設定狙いで稼げるってことはほとんど無いです。
極たまに設定狙いだけで、勝てるようになる日もいますが、ほとんどいないでしょう。

設定狙いは、楽しいのです。天井狙いで疲れた時に設定狙いをしてみましょう!後、「パチンコ店に高設定がある」ってわかってるのが、必須条件となります。
ほとんどの店は高設定なんて置いてませんからねー。

人それぞれ環境が違うので、臨機応変に対応しましょう

天井狙いで稼ぐといっても、あなたと私では、パチスロを打ってる店が違います。もしかしたら、天井狙いのライバルが多くいるかも知れませんし、全くいないかもしれません。
稼ぎやすい環境ならいいのですが、稼ぎにくい環境もあります。

環境によって天井狙いの回転数を変更するもの全然OKです。私は書いてる天井狙い目で打つことが多いですが、曜日や他の人状況によっては、早めに打ち始めることもあります。
あなたも状況によって稼げる天井狙い目を探して一緒に稼ぎましょう!!







投稿日:

Copyright© 本業VS副業 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.